葬儀費用の相場が200万って本当?そんなはずがないよ!!

葬儀


今日のテーマは「葬儀費用の相場」です。
これ、私の中で“聞くに聞けないものリスト”の中に入っているものの一つです。。。

たまに耳にするのが「葬儀費用の相場」は200万という噂。皆さんは聞いたことありませんか?

この噂を聞くたびに不謹慎ながら、高っ!!と思ってしまうのは私だけでしょうか?あまり大きな声ではいえませんが。

今日はそんな都市伝説にもなっている「葬儀費用の相場」に迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク


葬儀費用の相場が200万というのは都市伝説だった!

もちろん全否定はしませんが、調べてみて、正確には間違いだと私は改めて思いました。やはり噂=都市伝説の一つではないかと。

では、私がなぜそう思ったのか。その根拠をまとめてみました。


根拠1:そもそもなんで一般的に「葬儀費用の相場が200万」と言われているのか?

インターネットで‘葬儀’と検索すると出てくる「葬儀サイト」。これらのサイトは、葬儀費用の内訳などを丁寧に解説してくれているとても親切なサイトなのですが…..そのほとんどの葬儀サイトに「葬儀費用の相場は199.8万円」とほぼ200万に近い金額が書かれていました


おそらく都市伝説になっている理由はこれだと思います。


これらのサイトを見た人達が、「葬儀費用の相場は200万なんだってよ~」と周りの人に話すことで、一般論として定着していったんじゃないでしょうか。まあ確かにそう言われれば、そうなんだ~と思うものです。気持ちは分かります。


ただ、私が見ていて気になったのはそのデータ元。これらのサイトの「葬儀費用の相場」はほぼ全て‘日本消費者協会’という一般財団法人のデータが元になっています。

そのデータ元を調べてみると……..‘日本消費者協会’というところが、協会組員など1024人に葬儀費用についてのアンケートを実施し、その平均額を相場としているようです。


そしてそのアンケート内容に対して、下記サイトに詳しい情報が書かれていました。
以下、葬儀支援サイト(sougisupport.net)を要約

葬儀費用のアンケートに回答した人は、294人。

その回答者は「過去3年以内に身内に葬儀の合った人」で喪主とは限らない。

つまり、たった294人の平均額が「全国の葬儀費用の相場」とされていたんです。

これってどうなんでしょうか?

上記・葬儀支援サイトによると、全国で年間100万件以上の葬儀が行われているそうです。その中でたった294人の平均額を「全国の葬儀費用の相場」とは言えませんよね?


根拠2:葬儀社の価格を調べてみると200万円もかからない!

もうひとつの根拠はこれです。
いくつか葬儀社のサイトを見たところ、200万もかかる葬儀社はありません。インターネットで「葬儀社」と検索して上から5つの葬儀社の値段を見てみました。

一般的な葬儀の値段(参加人数50名程度) 

  • A社 約92万円
  •  

  • B社 約75万円
  •  

  • C社 約64万円
  •  

  • D社 約66万円
  •  

  • E社 約85万円
  •  

葬儀社によっては「別途費用はかからない」と明記されているところもありますし、例えオプションで上乗せ金額があったとしても+100万円という事は無いと思います。

こう見ていくと、一般的に言われている「葬儀費用」の約半分・100万円位で考えておいても良さそうですね。


終わりに

いかがでしたでしょうか?

今日は前々から気になっていた「葬儀費用の相場」について調べてみました。ちょうどいい機会だったので、「もし自分が葬儀をしてもらう立場だったらどうだろう?」とふと考えてみました。


私の場合、自分の葬儀で遺族に負担をかけさせるのは嫌だな~と思っています。なので、安めの葬儀保険にでも入っておいて、自分の意思を子供に伝えておけば、子供が困ることも無いかなと。そんなことを考えました。


本人も含めて、事前に家族で話し合いが出来れば一番いいんですけどね。
でも、やっぱり聞くに聞けないです。。。。。。。。

本日も最後までご精読ありがとうございました。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ